TOP >> 恋活パーティーでモテるプロフィールシートの書き方とは?

恋活パーティーでモテるプロフィールシートの書き方とは?

 

もう何度、恋活パーティーに参加しただろうか。

 

 

家に貯まっていくプロフィールシート。

最初の頃は、熟考して時間が掛かっていたものの、今ではスラスラ記入できるようになりました。

 

そして、なによりここ最近のプロフィールシートは異性ウケがいいんです。もうこれは驚くほどに。

 

かつてはおしゃべりタイムで質問する側だったのに、今では質問される側です。

 

ぼくのプロフィールシートにはツッコまずにはいられない要素をふんだんに散りばめているというのもありますが、それにしてもうまくなった。

 

会話の弾み具合もハンパないですし、プロフィールシート1つでこんなにも変わるものなのか、と驚いています。

 

この記事では「モテるプロフィールの書き方」と題しまして、あなたにそのポイントをお伝えいたします。

 

意識して欲しいのはたった2つのこと、なのです。

 

 

流行っているかそうでないか?

 

流行と言うのは恐ろしいもので、世間の人は敏感で大好きなもの。

 

 

スポーツだと「ボルダリング」

テレビ番組だと「アメトーク」

映画だと「ズートピア」

 

現在(2016年7月)はこの辺りを抑えていれば、会話に事欠きません。

 

流行モノの素晴らしいところは、異性も同じ内容をプロフィールシートに書いている可能性が高いこと。

 

記入内容がかぶっていると、思わずにんまりしてしまいますし、親近感を受けます。

相手にとっても好ましく、悪い気はしないはず。

 

ただし、全く興味のない流行モノを書きこむのはNG。

事前に下調べをして、もしくは体験してから、はじめて記入できる資格が得られます。

 

もし、興味のない流行モノをウケ狙いで書いたところで、それらしい返答できなければ最悪なのでそれだけは避けましょう。

ボロが出るくらいなら、なにも考えずに空欄を埋めたほうが誠実です。

 

※ぼくは流行モノだけを記入したプロフィールシートでかつてイタイ体験をしています(笑)

 

 

異性ウケが良いか?

 

これは意識している人は多いでしょう。

今更感はありますが、みくびれない点でもあります。

 

女性だと「趣味料理」なんかは鉄板なのですが、男性だと「趣味ドライブ」なんかがウケやすい傾向にありますね。

 

こんなことを言うと「わたしは料理が苦手です」とか「俺は運転嫌いだし」という反対意見があるでしょう。

 

ですが、なんでもいいのです。答えは1つじゃありません。

「この人と一緒にいたら得するな」と思わせたらよいのです。

 

そのためには、あなたがこれをすれば相手を楽しませられるというセールスポイントを知っておく必要があります。

 

 

たとえば、人よりも「おいしい料理店」を知っているというのも、ほとんどの異性にとってはメリットですよね。

この場合は、休日の過ごし方の欄に「グルメ旅」と記入するもよし、趣味の欄に「おいしいもの巡り」と書いてもよし。

 

あなたがもし「笑い上戸」であれば、性格の欄に「とっても明るい(とみんなから言われる)」と記入するのもいいでしょう。

 

 

異性ウケのよいプロフィールシートを書くためには、前もって自己分析しておきましょう。

 

ぼくの場合は、誰に会っても緊張しないことが強みなので、特技の欄には「話しやすいとよく言われる」と記入しています。

 

ま、話しやすい人がモテるかどうかはさておき、自分の長所をプロフィールに反映させたほうがいいに決まっています。

 

よく人から褒められるところを、思い出して、プロフィールシートにうまく取り入れましょう。

 

 

これはやっちゃダメ!モテないプロフィールシート編

 

ここまで、モテるプロフィールシートの書き方をお伝えしました。

かんたんにまとめると「流行り」「異性ウケ」を意識すればよい、ということ。

 

ですが、絶対にやってはいけないパターンがあります。

 

それは「空欄を作る」というもの。

 

当たり前のことなのに、デキていない人が多すぎる。

恋活パーティーに行けば必ず1人はいるのですが、空欄が多いのはいかがなものでしょうか?

 

まず、なにを掘り下げればいいのかわからないという点で、相手にとってサービスになっていないから。

 

1度だけ、名前と年齢しか書いていない女性に出会ったことがあるのですが、こればっかりは焦りました。

 

「空白だらけかよ!!(笑)」と苦し紛れにツッコむのがやっとで、あとはさぐりさぐりの会話しかできませんでした。

 

そもそも失礼だし、やる気あるのかよ、とも思いましたので、やめたほうがいいでしょう。

「変人好きはいても、空欄好きはいない」と言い切れるぐらい、最悪です。

 

どうしても埋められない欄はさておき、無理やりにでも空欄は作るべからず。

学生時代のテスト用紙にとりあえず答えを書くような要領でいいのから、埋めましょう。

 

「めんどくさー」は一番損すると思います。

特別美男美女でない限り、トークの天才でない限り、埋めましょう。これはもう最低限のマナーです。

 

 

関連記事:

恋活パーティーに行って一番良かったことは?

 

メニュー

ブログの管理人:

風俗嬢みたいなプロフィール画像ですみません。残念ながら男♂です。 このサイトでは、元セクキャバ店員のぼくが中洲のエッチな体験談やお得な遊び方をお伝えいたします。どうぞよろしくおねがいします。 ぼくの詳しいプロフィールはこちら→元セクキャバ店員のプロフィール
inserted by FC2 system