TOP >> 恋活パーティーに行って一番良かったことは?

恋活パーティーに行って一番良かったことは?

 

「恋活パーティーに行こうか悩んでいる」という人は、1度行ってみたほうがいい。

 

まるで、婚活イベント主催者的なやらしい言い方になってしまったけれど、これは正直なぼくの意見そのもの。

 

以前までは「恋活パーティーのゴールは恋人ができること」だと思っていた。

 

ルックスが好みで、金銭的に裕福で、笑いのツボが似ていて、一緒にいて楽しい相手を見つけられれば、サイコー。

 

それは間違いない。

 

幸いにも恋活パーティーで記入するプロフィールシートが、より理想の相手と巡りあえる手助けをしてくれる。

 

だけども、だけども、そうじゃない。

 

恋活パーティーに行って、ぼくは彼女ができるどころかマッチングはわずか1回のみだけれど、心は満たされている。

 

「行って良かった!」と、嘘偽りなく言える。

 

これは意外かもしれないが、恋活パーティーに何度も通うと「いつでも恋愛できるじゃん」と思えてしまう。

 

だって、もう100人近くの女性と出会ったわけよ。たった7回で。

 

たとえ、この7回の経験はデカいよ。

 

会話は上達しているし、リラックスした状態で恋活パーティーに臨めるのだから。

 

このペースで恋活パーティーに参加し続ければゆくゆくはカップル成立できるんだろうな、と予測できる。

 

あと、なにより勇気付けられたのは、意外な人がカップルになっているという事実。

 

いや、こんな言い方は悪いんだけど、そうでもないルックスの男性と誰もが振り向くような美人のカップル成立なんてよくある話だからね。逆もしかりで。

 

この前、第一希望に選んだ女性がぼくじゃない相手を選んでいて、ダサい服装の男性と電話番号交換していたからね。

 

「は?なんで」とか思ったけれど、そうなの。カップル成立は予測がつかない。

 

そりゃそうだ。

恋人に求める条件は人それぞれなのだから。

 

高年収なのか

高学歴なのか

趣味が合うのか

イケてるルックスなのか

家の距離なのか

相性の良い性格なのか

 

 

どれを一番重要視しているのかはわからない。

もしかすると、どれも違うのかもしれない。当の本人でさえも気づいていないかもしれない。

 

しかも、カップルが成立したとしても恋人関係になりたいと相手が本当に思っているのか、判断するのはかんたんではない。

 

それでも、回数を重ねるほど、理想に近い異性とはカップリングできるというのはわかる。

 

そう確信できたからこそ、恋人作りに焦る必要がなくなって1度の恋活パーティーに執着しなくなった。

 

もうこうなると、寂しさもたいしたことないよ。

 

「寂しい、寂しい、寂しい」が積み重なって、恋活パーティーに参加して未だに彼女はできていないのに、普段の生活からは寂しさは減っているからね(笑)

 

「いつでもいいやー」

「恋人ができたら楽しいだろうなー」

 

 

ぐらいの軽い気持ちでいられるのは、恋活パーティーに参加したから。

心の余裕を得られたのは想像以上に大きい。

 

もうほんと、今めっちゃラクです。ぼく。

 

もしもあなたに寂しいという気持ちがあるのなら、1度は足を運んでみて欲しい。

 

カップル成立しなければショックだし、素敵な異性が参加していなければ落ち込むけれど、意外とおもしろい発見ができると思います。

 

 

自分はこういう異性を求めていたんだ、とか。

こういうタイプにはウケが悪い、とか。

自分のルックスはこれぐらい、とか。

 

いろんなことがわかる。

 

「自分はそこそこブサイクなんだな」みたいな、ときには残酷なこともわかるけれど、それもふくめて異性と向き合うのはたのしい。

 

 

 

人気記事;

平成生まれ限定の街コンに参加してみた!【福岡天神】

メニュー

ブログの管理人:

風俗嬢みたいなプロフィール画像ですみません。残念ながら男♂です。 このサイトでは、元セクキャバ店員のぼくが中洲のエッチな体験談やお得な遊び方をお伝えいたします。どうぞよろしくおねがいします。 ぼくの詳しいプロフィールはこちら→元セクキャバ店員のプロフィール
inserted by FC2 system