TOP >> セクキャバ嬢の営業メールに注意!【巧妙過ぎる文面を公開】

セクキャバ嬢の営業メールに注意!【巧妙過ぎる文面を公開】

 

夜の世界で働く女性と連絡先を交換するとろくなことになりません。

 

「また来てねー」という内容の連絡が来るから。

かまってもらえるだけでもありがたいかもしれませんが、元セクキャバ店員としては素直に喜べないのです。

 

というのも、かつてカプチーノのセクキャバ嬢たちは、店内がヒマになると店長から「客を呼んで」というような命令がくだされます。

 

彼女たちは微妙な面持ちで、その場でいろんな客に連絡をしていました。

 

電話の前ではかわいらしい女性を演じて、電話を切って舌打ち。

 

そんな光景を目にしていたぼくとしては、営業メールをもらったところで萎えるのがオチ。

 

セクキャバ嬢しかり、お店しかり、利益を上げるために必死なのはわかりますが、なんかこう・・あれなんですよね。

 

巻きあげるみたいなニュアンスなんですよね。文面や電話ではそんな腹の底は見えませんが。

 

ぼくもこれまでセクキャバ嬢たちと連絡先を交換しています。

 

乱のCカップセクキャバ嬢には電話番号を教えました。

 

関連記事→乱のセクキャバ嬢が自分のおっぱいを使ってスケベな行動に・・(2016年5月)

 

 

訪問からおよそ1週間後に連絡がきたのですが、ベテランということもあり、うまかったですね。

 

Dカップセクキャバ嬢「わたし、最近頭が痛いの!お酒の飲み過ぎか、しゃべりすぎのどっちかで」

 

 

こういうプライベートの話から、1分ほどして「今日きてよー」という流れに。

 

寂しいだの、会いたいだの、嘘くさい理由ではなく「暇だから」という直球の言葉には吹き出してしまいました。

 

テキトーに理由をつけて断ったのですが、彼女の明るい声色のおかげかあまりイヤな気持ちにならなかったです。

 

 

また、アズクラブで大好きな新人セクキャバ嬢からはまだ手慣れていない営業メールが来ました。

 

関連記事→アズクラブにフリー入店!新人女性が最高にエロかった・・【当たり】(2016年5月)

 

 

まるでテンプレートのような、営業メール。

これじゃあ、ぼくの心は動かされないんだなあ。

(と、言いつつも惚れてしまうほど好きな女性だったのでやや嬉しかったです)

 

 

そして、最後に紹介するのが、もう最高にうまい営業メールなんです。

再来店せずにはいられない文章でした。さすが人気セクキャバ嬢。

 

関連記事→アズクラブでおっぱいを揉み揉み!指名無料の感想は・・

 

 

「里帰りしてお土産を買ってきた」とのこと。

ぼくのため「だけに」とは書いていませんが、思わず自分のために買ってきてくれたような勘違いをしてしまいそうです。

 

やっぱり人気のセクキャバ嬢は投資の仕方がうまいですね。

お客さんにお土産をエサに来店してもらう、とはさすがです。

 

いや、こういうとものすごく皮肉っぽく思われるかもしれませんが、ぼくは純粋にすごいなと思っています。

 

この投資分のリターンは大きいですよ。

金額以上のリターンは必ず返ってくるに違いありません。

 

もう1度行こっかなあ・・・(笑)

メニュー

ブログの管理人:

風俗嬢みたいなプロフィール画像ですみません。残念ながら男♂です。 このサイトでは、元セクキャバ店員のぼくが中洲のエッチな体験談やお得な遊び方をお伝えいたします。どうぞよろしくおねがいします。 ぼくの詳しいプロフィールはこちら→元セクキャバ店員のプロフィール
inserted by FC2 system