TOP >> アズクラブでセクキャバ嬢の連絡先をゲット!

アズクラブでセクキャバ嬢の連絡先をゲット!

 

2016年6月9日(木曜日)

 

ぶっちゃけ、セクキャバ嬢との楽しいひと時に虚しさを覚えて、ここ何日かはセクキャバ巡りする気が起きませんでした。

 

ただ、1つ引っかかっていたのは、アズクラブで出会った新人女性。

今までで一番心が通った気がしたので、もう1度だけ行ってみたいな、と思っていたのでした。

 

(関連記事→アズクラブにフリー入店!新人女性が最高にエロかった・・【当たり】(2016年5月))

 

 

というわけで、目的の彼女にあうために、アズクラブへ訪問したのです。

 

もう慣れたもので、セクキャバ店が入ってあるビルへ直行し、スムーズにエレベーターで3階へ上がり、ボーイさんに指名女性の名前を告げたのでした。

 

席に通されると、やっぱり店内は大忙し。

現在の時刻は19:25

 

アズクラブは19:30までの入店で30分間3500円(指名無料)という破格の値段設定ですから、この人気ぶりもうなずけます。

 

ソファーに腰を落ち着けていると、彼女がやってきました。

やっぱりかわいらしい。

 

タレントのMEGUMIの顔をさらにおっとりさせたような感じ。

ドレス越しに小ぶりな胸のふくらみが確認できました。

たしかBカップだったかな。

 

今回は、口説くつもりで来たので、カラダをまさぐるつもりはありません。

彼女は第一声で「久しぶり!」と笑顔で言ってくれたので、期待が高まります。

 

目的は連絡先(電話番号)、あわよくば口説き落とすつもりでした。

 

まずは、軽く会話を交わします。

 

彼女はどうやら実家住みで、アズクラブの近くには住んでいないらしい。

片道30分以上かけて、わざわざ中洲に働きにきているんだとか。

 

ぼくの頭の中では少しばかり暗雲が立ち込めていました。

 

「(自宅が遠いなら気軽に会えないなあ・・)」

 

まあ、それはしょうがないと割りきりつつも、ふとした拍子にあの言葉を言ってしまいました。

 

「電話番号教えて!」

 

笑顔の彼女。

これは接客業の笑顔なのか、それとも本心からの笑顔なのか見当がつきませんでした。

 

「いいよー!」

 

あっさりと、OKもらえました。

いや、今までは連絡先を聞かずとも勝手にもらえるものでしたが(営業メール目当てで)、ぼくが自分から連絡先を聞いたのははじめて。

 

有頂天になるぐらい嬉しかったです。

これで、もしかしたらプライベートでムフフなパターンも・・・

 

あとは、彼女と腕を組んでおしゃべりを楽しんでいました。

おっぱいは揉んでいないし、キスもしていない。それでも、ぼくは満たされていたのでした。

 

読者さんが期待しているであろうスケベな展開をガン無視しました。すみません。

 

 

彼女との楽しい時間はあっという間でしたが、嬉しいことに彼女はぼくの席から1度も離れませんでした。

ずっとぼくの席にいてくれたのです。そこそこ店内は忙しかったので、おそらく人気嬢に指名が偏っていたのかもしれませんね。

 

完全に穴場でした。たしかに彼女は美人とは言えないかもしれないけれど、指名の1つや2つ入ってもおかしくないはずなんです。まあ、ぼくにとっては夢にまでみたおいしい思いができたので文句はありませんが、人気者になって欲しいという気持ちはほんの少しあるのも事実。これから出勤日が増えれば固定のお客さんは増えるに違いありません。その前に、プライベートでエッチなことしたいですね。というか、本気で付き合いたい。彼女さえ一緒にいてくれれば、このブログはすぐにやめると思います(笑)(笑)

 

 

前回の訪問時

アズクラブでおっぱいを揉み揉み!指名無料の感想は・・

 

元セクキャバ店員の満足度★★★★

(★5つが最高)

 

 

追伸。

 

ラインでデートに誘うも撃沈でした。いやー、本当にくやしい。

まだ芽が出始めた恋心だったけど、ショックは大きかったです。

一緒にいたいだけなんですけどね・・なんて、ちょっと感傷的な気分です。

メニュー

ブログの管理人:

風俗嬢みたいなプロフィール画像ですみません。残念ながら男♂です。 このサイトでは、元セクキャバ店員のぼくが中洲のエッチな体験談やお得な遊び方をお伝えいたします。どうぞよろしくおねがいします。 ぼくの詳しいプロフィールはこちら→元セクキャバ店員のプロフィール
inserted by FC2 system