TOP >> トヨトクを初体験!ザ・プレミアム・エックス【風俗】の感想・・

トヨトクを初体験!ザ・プレミアム・エックス【風俗】の感想・・

 

2016年5月26日(木曜日)

 

 

どうも!元セクキャバ店員です。

 

今日は、抜きに行ってきました。

そうです。いつものイチャイチャを楽しむセクキャバ巡りとは違って、射精目的で中洲に足を運んだのでした。

 

お邪魔したのはこちらのお店。

 

 

ザ・プレミアム・エックス

 

値段等は公式ホームページをご覧ください

 

 

 

 

中洲の老舗風俗店です。

この日のために3日分断射していました。

 

朝起きて「もう我慢ならねえ!」と、堪えられない性欲を発散しに、朝日が眩しい中洲の街に足を踏み入れたのです。

 

現時刻は9:10

 

朝の中洲:

 

ザ・プレミアム・エックスの受け付けに行くと、男性店員が姿を現しました。

コース等は一切決めておらず、手とり足とり店のシステムを教えてもらいました。

 

コースは、ソープとトヨトクの2種類あるとのこと。

曜日と時間帯により、値段は変わるので数字は明記しませんが、ソープの半額で楽しめるのがトヨトクです。

 

性交なしのおさわり、フェラ、素股が楽しめるトヨトクは責められたいM体質のぼくにはうってつけ。

そう思って、トヨトクコースを選んでみました。

 

ぶっちゃけ、女性を目の前にして射精する快感を3年ほど味わっていないので、自分のペースで女性とエッチな時間を過ごす自信がなかったのです。

 

「さて、どうなるか・・」

 

想像できない不安と楽しみを抱えつつ、待合室で20分ほど過ごしました。

 

男性店員の「準備ができました!」という声を聞いて、席を立つ。階段を登ると、女性がひざをついて笑顔を見せてくれました。

 

「(・・おお!かわいい)」

 

一安心しました。

加藤あいを一般人にしたような、痩せてるし、かわいらしい女性です。

飛び切りの美人ではないものの、決してブスではない。

受付で「学校にいたら中の上くらいですか?」と、聞いて「はい!」と言ったあの男性店員の言葉はウソではなかったということになります。(まあ、中の上くらいよ)

 

 

室内に案内されると、風呂場とベットが見えました。

ぼくはベットに腰かけると、彼女と軽くおしゃべりを楽しみます。

 

「これはチャイナ服だよ」

彼女は言いました。

 

カラダのラインはハッキリとわからないものの、スタイルが良いのは確実。

写真にはDカップと記されていたことを思い出し、つばを飲み込みました。

 

おしゃべりはそこそこに彼女はおもむろに脱ぎはじめました。

布のこすれる音がなんともエロい。下着姿の彼女は控えめに言ってセクシーでした。

極端に痩せているわけではないのに、腰はくびれていてお尻にかけてのラインが美しい。

ブラジャーを外すと、おわんのようなおっぱいが姿を現します。乳輪の大きさもちょうどいい。

艶めかしい赤色のそれにイヤでも男性器が反応してしまいます。

 

 

素っ裸の彼女がシャワーを浴びている間、マジマジと見つめてしまったことは言うまでもありません。

 

「恥ずかしいよ・・」

 

ソプラノのような声がそっと聞こえてきました。

身をよじらせるその仕草に心臓が張り裂けそうなほど高鳴りました。全身の血が沸騰するような感覚。

これから体験するプレイが待ち遠しくてしょうがない。

 

彼女のシャワーが終わると、お互い生まれたままの姿でベットイン。

仰向けに寝そべると、彼女が覆いかぶさってくる。カラダが触れ合う。キス。生暖かい感触。口を開けてディープキス。

 

「あれー?もうこんなになってる!」

 

彼女がぼくのペニスを片手で撫でるようにさわりながら、言いました。

ぼくは情けない声を上げてしまう。彼女は無言でぼくのカラダ中を舐め回しました。

 

乳首、首元、耳・・

 

全身が温かい舌で濡れていく。

なめらかで予想のつかないその動きに夢中になりました。

 

彼女の舌がペニスに到達する。

睾丸にやさしく舌が触れる。クチュクチュと官能的な音が室内に響き渡っていました。

一番敏感なそこを、彼女の口がゆっくりと飲み込みました。

 

思わず手をギュッと握る。彼女の腕は抵抗せずぼくの力をそのまま受け止めてくれました。

 

唾液でそこが包まれる。熱い。気持ちいい。

5分間ほど男性器を彼女の口の中で弄ばれました。

 

快感のときは近い。男性器の硬度は最高頂。

彼女が手コキしながら、鬼頭を口で撫でてくれる。

 

・・間もなく、全身から力が抜けました。

 

ドクドクと放出されるそれを口ですべて受け止めてくれる。こしょばい。

きれいに吸い尽くしてもらいました。すごい、オナニーでは味わえない充実感がそこにはありました。

あとは、イチャイチャしながら時間を迎えました。

 

40分間は本当にアッという間でした。

 

トヨトクコースはやはりMの男性向きですね。

乳首いじられながら、フェラとかたまらん。

 

少し残念だったのは、素股ができない女性だったこと。

「わたしできないんだよねー」と言われちゃいました。

 

追伸。

 

彼女の特徴を補足しておきます。

25歳くらい。色白。茶髪。おしとやか。

 

 

元セクキャバ店員の満足度★★★★

(★5つが最高)

 

メニュー

ブログの管理人:

風俗嬢みたいなプロフィール画像ですみません。残念ながら男♂です。 このサイトでは、元セクキャバ店員のぼくが中洲のエッチな体験談やお得な遊び方をお伝えいたします。どうぞよろしくおねがいします。 ぼくの詳しいプロフィールはこちら→元セクキャバ店員のプロフィール
inserted by FC2 system